飲食店、小売店、開業医など店舗の火災保険加入における注意点

お店を始める前に知っておきたい、店舗総合保険

店舗の火災保険加入における注意点

店舗を開業するにあたっては、さまざまな被害を想定しなくてはいけません。
火災はもちろん、地震落雷台風などの自然災害、車が突然突っ込んでくるといった衝突倒壊爆発のおそれ、ドローンなどの墜落による被害、水濡れ盗難といった人災…。
いつ何時、どのようなことが起こるかわかりません。

突然そのような事態が起こったときには、営業停止を余儀なくされることもあるでしょう。日銭商売のお店は営業することができないとそのまま収入に直結するため、大変な被害になってしまいます。
個人宅はもちろんですが、店舗の場合はそれ以上に被害を想定しておくことが必要です。あらかじめ何があっても最低限の補償はされるように、保険の加入は必須となります。

しかし、保険といってもたくさんあって、どの保険に入ったらいいのかわからない方も多いと思います。月々の支払いと補償内容とのバランスも業種によっても違ってくるため、開業する店に合わせた保険選びが重要です。

さまざまな災害に備えてひとつひとつ単品で保険加入することも可能ですが、「店舗総合保険」という総合的な保険であれば、地震以外の被害に対応し、トータルで補償してくれるので便利です。

ただこの店舗総合保険も、各保険会社からさまざまな金額や内容のものが出ています。しっかりと比較・検討して、各々のお店に合ったベストな店舗総合保険を選んでください。

いろいろなお店に対応

飲食店は調理で火を使うため、火災のリスクが高い

飲食店を始めるときは特に、不動産会社から必ず火災保険に入るようにいわれます。調理で火を使うため、火災のリスクが高いからです。
飲食店の場合、高額な調理器具や設備をリースで揃える場合も多く、それらに被害が及ぶと営業再開までかなりの時間と費用がかかってしまいます。

さらに従業員がいる場合は彼らに対する給与支払いなどの賠償責任も発生してくるので、経営者としては高いリスクに対応した総括的な判断が必要となるでしょう。
店舗総合保険の中でも、食中毒を出した時のリスクにも対応するような、飲食業に特化した商品を出している保険会社もいくつかあるので、それらも確認するとよいでしょう。

美容院・小売店を始めるときも、やはり全体的な補償が得られる店舗総合保険がお勧めです。火災だけでなく、水濡れや盗難までカバーし、休業損害や財物損害にも対応します。

しかも店舗総合保険は店舗や事務所はもちろん、在庫確保のための倉庫や、建物・家財も補償します。

ピースネットについて

火災保険についてのご質問やお見積もりの作成・見直しの相談などに、お電話で対応しています。

詳細はこちら
SSL GMOグローバルサインのサイトシール プライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。