クレジットカードの審査にかかる期間!お急ぎの方は即日発行対応カードがおすすめ

クレジットカードを申し込んで結果が出るまでの間は、誰しも落ち着かないものですよね。なかなかカードが届かないと、ひょっとして審査に落ちたのではないかと心配になったりもします。

それにしてもクレジットカードの審査って、なぜこんなに時間がかかるのでしょう?もっと早くカードを手にできる方法ってないのでしょうか?

今回はこんなあなたの疑問に丁寧にお答えします。審査期間をもっと短くしたい方は、ぜひご一読ください。

クレジットカード審査期間はなぜ長い?時間がかかる理由

多くのクレジットカードの公式サイトには、申込みからカードが届くまでの期間はおよそ1週間~2週間だと書かれています。

でも本当に毎回こんなに待たされるのでしょうか?そもそもクレジットカード審査期間はなぜこんなに長いのか、まずはその理由から見ていきたいと思います。

審査や郵送が行われるのは営業日だけ

本当はクレジットカードの審査期間は、実質的には数日もあれば十分なのです。

しかしカード会社には毎日多くの申込書が届きますし、しかも審査や発送業務は営業日の営業時間中にしか行われません。

なので土日や休日を挟めば、当然審査期間は長引きます。例えばもしもあなたが週末仕事が済んだ後でカードを申し込むとしたら、その審査が始まるのは翌週の月曜日以降になってしまうのです。

キャンペーン等で申込みが殺到すると、処理が間に合わないこともあるでしょう。またカードの発送後、郵便事情で手間取るケースも考えられます。そんなこんなでどのカード会社も、審査期間を少し長めに見積もっている訳です。

審査には幾つかの段階がある

それに一言に審査期間と言っても、実際にクレジットカードが手元に届くまでには、この様に①~⑤までの段階を経る必要があります(この順番通りとは限りません)。

審査のプロセス 説明
①スコアリング 申込書のスコア(点数)付け
②信用情報 信用情報機関にデータ照会
③本人確認書類 運転免許証などの確認
④確認電話 勤務先や本人に電話
⑤カード発送、受け取り 通常は郵送
※受取時に本人確認する場合もある

私たちが一般に審査と呼んでいるのは、この中の①のスコアリングという行程です。提出した申込書は機械審査にかけられ、スコア(点数)という形ですぐに結果が出ます。

点数が低くても審査には通りますが、もしも申告内容に虚偽やデタラメが見つかれば、この時点で審査に落ちてしまうので気をつけましょう。カード会社は嘘をとても嫌います。

信用情報に問題が見つかると時間がかかる

スコアリングとは別に、信用情報機関(CIC)に登録された信用情報もチェックされます。クレジットカード会社は、毎回審査の度にこの作業を行っています。

信用情報を調べると、以下のことが明らかになります。

  • 本人を特定する情報:氏名、住所、勤務先など
  • 契約内容に関する情報:契約の種類、契約日、契約金額など
  • 返済状況に関する情報:入金日、残高金額、延滞など
  • 取引事実に関する情報:保証履行、強制解約、破産申立など
  • 申込みに関する情報:申込日、申込商品など

用語がちょっと難しいですが、要するにこれはあなたが過去5年間に利用した、クレジットカードやローンの全記録です。

クレジットカード、消費者金融や銀行のカードローン、自動車ローン、住宅ローン、またスマートフォンの分割払いの記録も、全てここに記載されています。

ここはすべて人の目でチェックされますので手間がかかりますし、もしも何か問題が見つかれば、より詳しい調査のために更に時間が必要となります。

ブラックは審査に通らない

しかし信用情報に以下の記録が見つかれば、その時点で即審査落ちが決まってしまいます。いわゆる「ブラック」ですね。

  • 返済日から61日以上または3ヵ月以上過ぎた延滞
  • 保証履行(返済不能)
  • 破産宣告
  • 1ヶ月に3件以上の申込み

審査基準はカード会社やクレジットカードの種類によっても差がありますが、ブラックへの対応はどの企業も基本的には共通していて、原則否決となってしまいます。

本人確認書類に不備があると時間がかかる

ここまでの行程で特に問題がなければ、今回の審査は合格です。通常はここで審査結果の連絡が入り、それと同時に本人確認書類の提出を求められます。

提出した運転免許証や健康保険証などに不備があると、やり直しになるので気をつけてくださいね。本人確認書類の提出方法は、以下の様にカード会社や申込み方法によっても異なります。

  • 郵送:コピーを郵送
  • インターネット:画像を送信
  • 窓口:本人確認書類を提示
  • 受取時:配達受取時に本人確認書類を提示

コピーや画像を利用する場合は、不鮮明だったり一部が欠けているとNGです。特に郵送を利用する場合、やり直しには時間がかかるので注意が必要です。

また以下のように画像を加工したりすると受け付けてもらえません。場合によっては審査結果を取り消される可能性もありますので、くれぐれも余計なことはしないよう気をつけましょう。

インターネットでクレジットカードを申し込んだ後、引き続き金融機関の口座を設定することができれば、本人確認書類の提示は必要ありません。これに対応可能な口座を持っていると、審査期間の大幅な短縮に繋がります。

電話確認できないと時間がかかる場合がある

審査期間の最終段階には電話確認も待っています。ただしこれを実施するかどうかはカード会社がその都度決めますので、本人にも勤務先にも100%電話がかかってくる訳ではありません。

在籍確認の場合は、実施されたとしても本人が知らない間に済んでいることが殆どですから、どちらにしても心配は無用です。

  • 本人確認 → 携帯電話や自宅に電話がかかる
  • 在籍確認 → 勤務先に電話がかかる(本人が電話に出る必要はない)

省略される可能性もある手続きですが、もしも担当者が必要だと判断すれば、電話確認が済むまで審査は終わりません。

ですから場合によってはカード発行まであと一歩というところで、審査期間が長引く可能性もある訳です。

少なくとも本人確認については、申込み直後の着信に気をつけて、カード会社からの電話を見逃さないようにしましょう。

カード会社や券種によって審査期間に差がある!カード会社の対応を比較

審査行程はどのカード会社も似たり寄ったりですが、実は審査にかかる所要時間にはかなり差があります。

つまり前の時はすぐカードが届いたのに、次に申し込んだカード会社では延々待たされることだってある訳です。この違いを知っていれば、審査期間中に余計な心配をせずに済むでしょう。

審査期間はカード会社によって異なる

以下はカード会社の審査期間を一覧にしたものです。クレジットカードが手元に届く目安は一般的に2週間だと言われますが、実際には各カード会社の審査所要時間って結構バラつきがあるんですね。

カード会社 審査期間
ACマスターカード 最短即日
エポスカード 最短即日
セゾンカード 最短即日
JCBカード 最短3営業日
(JCB一般カードは最短当日発行サービス有)
アメリカンエキスプレス 通常10営業日
三井住友カード 最短5分の即時発行
ダイナースクラブカード 通常10営業日
JALカード 1~2週間

エポスカード等の審査期間は「最短即日」となっていますが、この「最短」というのは「何も問題がなければ」という意味だと思ってください。

なので場合によっては審査期間が数日以上になることもあるのですが、上手く行けば当日中にカードを受け取ることが可能です。

その反対にJALカードやダイナースクラブカードは審査期間が長いため、これらのカードを申し込んだ人は腰を据えて待たなくてはなりません。

「審査に落ちたのでは?」と不安になるのは、こういったタイプのクレジットカードを申し込んだ人に多いのです。

合否結果だけなら2週間待たなくても分かる

クレジットカードの審査行程で手間や時間がかかるのは、主に様々な確認作業や限度額の調整で、合否そのものは審査の比較的早い段階で判明しています。

そしてこの合否判定こそが、審査を待つ側としては一刻も早く知りたいことなんですよね。そこで多くのカード会社では、合否が決まった時点で結果を教えてくれるサービスを実施しています。

カード会社 サービス内容
エポスカード ・最短当日メールで通知
・発行状況照会サービス
JCBカード ・入会メッセージボックス
セゾンカード ・審査結果をメールで通知
ヤフーカード ・審査発行状況の確認ページ
セディナカード ・審査状況照会
ダイナースクラブカード ・審査結果をメールで通知
アメリカンエキスプレス ・審査結果をメールで通知
イオンカード ・カードの到着をもって通知
・審査に落ちた場合も郵送で通知

JCBカードやヤフーカードなど照会サービスに対応している場合は、いつでも好きな時にそのページにアクセスして審査結果を確認できます。

お急ぎの方は即日発行対応のクレジットカードがおすすめ

一刻も早くカードを手に入れたいのであれば、即日発行に対応するクレジットカードをおすすめします。これらのクレジットカードは審査期間が短いだけでなく、店頭カウンターでカードを受け取ることが可能です。

郵送に頼らないので、申し込んだその日の内にカードを手に入れることができます。店頭受け取りの手順は以下の通りです。あらかじめインターネットで申込書を送信しておけば、好きなタイミングでカードを受け取れますよ。

  • ①インターネットで申し込む
  • ②店舗カウンターや契約機でカードを受け取る

カード受け取りに対応する店舗や契約機が近くにあることが条件ですが、間違いなくこの方法がクレジットカード審査期間の最短コースです。

クレジットカード審査期間の最短コース!即日発行対応のクレジットカード

これからご紹介するのは、いずれも即日発行に対応するクレジットカードです。お近くに受け取り可能な店舗があれば、どなたも当日中にカードを手にできます。

これらのクレジットカードなら、審査期間はあってないようなもの。不安を感じながら待つ必要がないので、心配性の方にもおすすめです。

最短5分でカード番号発行!三井住友カードNL

三井住友カードNL

今すぐにカードを使いたいという方に一押しの1枚が、最短5分の即時発行サービスを展開している三井住友カードナンバーレスです。
お急ぎの方は通常申込みではなく、必ず「即時発行」を選びましょう。5分後に発行されるのはカード番号だけで、店舗でのカード受け取りすら必要ありません。

なお物理カードの方は、後日郵送で届くことになっています。カード番号だけでもネットショッピングはできますし、実店舗でもApplePay(アップルペイ)やGoogle Pay(グーグルペイ)に登録することで電子マネーiDの加盟店でのお買い物も可能です。

【最短5分カード発行の条件】

・受付時間は9:00~19:30まで
・三井住友銀行などオンライン設定可能な金融機関の口座
・20歳未満不可

こちらは三井住友カード即時発行の流れです。

  • ①最短5分で三井住友カードを申し込む
  • ②審査(5分~10分)
  • ③電話認証
  • ④会員サイトVpassに登録
  • ⑤Vpassにカード番号が表示される

三井住友カードNLはコンビニやマクドナルドでポイント5倍(2.5%還元)、※Visaのタッチ決済なら更に2.5%上乗せの5%もの高還元で利用できるお得なクレジットカードです。

年会費が無料にも関わらず旅行保険が付帯するなどスペックも高い為、メインカードとしてもおすすめの1枚と言えるでしょう。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり
※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり

ETCカードをお急ぎの方におすすめ!セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ETCカードをお急ぎの方には、カード本体だけでなくETCカードも即日発行に対応しているセゾンカードインターナショナルがおすすめです。

こちらのカードも三井住友カードNL同様最短5分で発行できるデジタルカードのサービスを展開しています。

通常カードでも最短即日発行に対応していますので、パルコや「ららぽーと」などの店内セゾンカウンターで最短当日受け取りが可能です。年会費は永年無料、どなたにも申し込みやすいクレジットカードとしてもおすすめの1枚です。

19:30までに申込書を送信できれば、最短当日中にセゾンカウンターでのカード受け取りが可能との事ですが、カードが受け取れるようになるのは、電話確認と審査結果メールを受け取った後です。

申込書の送信は前日までに済ませる方が無理がないでしょう。

セゾンカードインターナショナルは年会費無料で持てる上に、日常生活をお得に楽しめる優待が大変豊富なカードですから、お急ぎの方におすすめです。

マルイのカウンターで受け取れる!エポスカード

エポスカード

エポスカードは年会費無料で、全国のマルイやモディなどのエポスカードセンターで即日発行できます。実店舗やネット通販でマルイの10%オフセールが利用できる、お得なクレジットカードです。

事前にインターネットで申込書を送信し、審査結果メールが到着してから1週間以内にエポスカードセンターでカードを受け取ってください。

なお受け取り期間を過ぎてしまった場合は、佐川急便の「受取人配達確認サービス」または日本郵便の「本人限定受取郵便」で自宅宛に配達されます。その際には、本人確認書類を提示しないとカードを受け取ることができませんのでご注意ください。

エポスカードは10,000店舗以上の優待が利用できる大変お得なクレジットカードで、年会費無料にも関わらず充実した海外旅行保険が自動付帯するなどスペックの高さでも人気の1枚です。

クレジットカードの審査期間を短縮する方法

即日発行に対応しているクレジットカードを選ぶ他にも、クレジットカードの審査期間を短縮する為の有効な対策がありますので、いくつかご紹介しておきましょう。

申込書は正確に記入

申込書の記載内容と本人確認書類や信用情報機関に登録されている情報に相違がある場合、カード会社側はその確認を取る為、通常より審査に時間がかかります。

本人確認書類と現在住んでいる住所(申込書に記載した住所)に相違がある場合、補完書面を準備しておくのもタイムロスを減らす対策の1つと言えます。

申し込み内容に虚偽申告があってもいけません。申込書は丁寧に記載しましょう。

キャッシング枠は申し込まない

キャッシング枠を申込むと、ショッピング枠に加えてキャッシング枠分利用限度額が上がる為、審査に時間がかかります。

また、キャッシング枠が50万円を超える場合、もしくは借り入れ額が総額で100万円超える場合収入証明の提出が必要となる為、その分時間がかかります。

キャッシング枠は申し込まない方が、審査期間を短くできます。

クレジットカードの審査期間はカードによって異なる!急ぎなら即日発行を

クレジットカードの審査期間が2週間近くかかるのにも、ちゃんと根拠があるんですね。理由がわかれば、審査に落ちたのではないかと無駄な心配をする必要もありません。

多くの場合はカードの到着前に合否結果を知ることが可能ですし、カード会社によって審査期間が違うということが分かれば、どなたも余裕を持って待つことができます。

お急ぎの方は、ぜひ即日発行に対応しているクレジットカードを選びましょう。こういったカードを申し込めば、当日中の利用も可能です。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop