派遣社員の方におすすめクレジットカード

キャッシュレス決済が当たり前となっている昨今、新たにクレジットカードを持ちたいと考えている方は多いですよね。

ただ、クレジットカードを作る際には必ず審査があります。例えば派遣社員や契約社員といった非正規雇用にあたる方の場合、もしかして審査を通りにくいかも…と不安に思うこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は派遣社員、契約社員の方に知っておいてほしいクレジットカード審査の基本や、作りやすいおすすめのクレジットカードについてご紹介していきたいと思います。

派遣社員の方もクレジットカード審査は通る!

まず一番気になるのは、やはり『派遣社員・契約社員はクレジットカード審査で不利になるのか?』ということですよね。

結論から言ってしまえば、正社員と比べて派遣社員・契約社員は属性に対して加算されるスコアが低くなってしまうことは事実です。

クレジットカード審査ではその人の属性を収入や雇用形態、住居の状況など項目ごとに評価していきます。その雇用形態の項目において、正社員と比べれば派遣社員や契約社員のポイントが低いことは否めません。

ただしそれは、あくまでも正社員と比べればということです。雇用形態は数多くの項目の中の1つであり、派遣社員だから、あるいは契約社員だから…というそれだけの理由でクレジットカード審査に無条件に落ちてしまうということはありません。

クレジットカード審査では安定した支払い能力が最重要

『派遣社員もクレジットカード審査に通る』、その事実の裏付けとして、ここでクレジットカード審査の基準や仕組みについて簡単に確認しておきましょう。

クレジットカード審査において、何よりも重視されるのはその人自身の信用です。ここでいう信用とは、言い換えると『安定した支払い能力』ということになります。

この『安定した支払い能力』というのは、大きく分けて以下の2つの要素に集約できます。

  • 現在の生活状況から評価できる実質の支払い能力
  • 過去の支払い実績から想定できる支払い能力

前者については、収入を含む様々な生活状況に関する条件を項目ごとにスコアリングし、その総合で評価します。ここでは、単純に収入が高いということも、もちろん有利に働く要素の1つではありますが、それ以上に安定性が重要となります。

その観点からすると、派遣社員・契約社員というのは一見、非正規で不安定な雇用形態となってしまいそうですが、例えば派遣社員なら1つの派遣元に長く所属し、コンスタントに派遣先の紹介が来るような状況であれば、審査で極端なマイナス要素とはなりにくいでしょう。

後者に関しては、信用情報というデータがあります。

信用情報は、過去のクレジットカードやキャッシング、割賦払いなどの支払い状況を取りまとめたもので、クレジットカード審査では過去の支払い実績を評価する非常に重要な情報源となります。

ここで、毎月の支払いを着実に滞りなく続けてきたという実績を示すことができれば、大きくプラスに働くことは間違いないでしょう。

逆に、信用情報に過去の返済遅延や債務整理などのトラブルの情報が残っている場合、かなり不利になってしまいます。場合によっては、それだけで審査に落ちる原因ともなりかねません。

勤務先=派遣先ではない!必ず派遣元の会社名を申告

クレジットカード審査の結果を決める2つの要素のうち、現在の生活状況に関しては、本人が申し込み時に申告した情報をもとに評価されます。

ここで派遣社員の方に注意してほしいのが、勤務先には派遣先ではなく、派遣元の会社を記入するということです。

派遣社員というのは、あくまでも派遣会社に所属した状態で様々な派遣先の企業に勤務する雇用形態です。したがって、正確な意味での勤務先と言えば、派遣元の会社になるのです。

ここでうっかり派遣先の会社名を記入してしまうと、自分にはそのつもりがなかったとしても虚偽申告扱いになってしまうことがあるので、くれぐれも気を付けてください。

なお、カード会社によっては、雇用形態の項目で『派遣社員』を選択すると、派遣元と派遣先両方を記入する欄が表示されることもあります。その場合は、両方そのまま記入して問題ありません。

一方、契約社員の方の場合は、非正規ではあっても会社と直接雇用契約を結んでいる為、勤務先をそのまま記入して大丈夫です。

注意!派遣社員の在籍確認は派遣元への連絡が基本

派遣社員の方の派遣元・派遣先の問題は、在籍確認にも影響してくることがあります。

クレジットカードの審査では、勤務先にカード会社から電話で連絡し、本当にその会社で働いているか、連絡先が虚偽ではないかなどを確認する『在籍確認』が行われる場合があります。

この在籍確認も、派遣社員の方であれば派遣元の会社に行うのが基本です。派遣先の会社に連絡してしまった場合、派遣社員という立場上、正しく在籍確認が取れないケースがあるというのがその主な理由として挙げられます。

そういう意味でも、派遣社員の方が勤務先の項目に派遣先の会社名や連絡先を記入することはお勧めできないのです。

ただ、所属している派遣会社の方も、その企業の規模や会社ごとの取り決めによってクレジットカードの在籍確認に応じない場合があります。例えば、大手の派遣会社で多数の派遣社員が登録している場合、個々人の勤務状況をすぐ確認することが容易ではないこともあるでしょう。

したがって在籍確認が不安な方は、あらかじめカード会社に在籍確認の電話の有無を確認しておいてもよいかもしれません。状況に応じて、電話以外の方法、例えば直近の給与明細の提出や健康保険証の提出などで在籍確認の代わりとすることができるケースもあります。

在籍確認が取れないイコール勤務先が虚偽と判断されてしまうこともありますから、不安要素はなるべく事前につぶしておくことも審査を通りやすくするポイントです。

派遣社員・契約社員が審査をスムーズに通過する3つのコツ

クレジットカード審査の基本や、派遣社員・契約社員ならではの注意点はおわかりいただけたでしょうか?

ここからは、さらに派遣社員・契約社員の方がクレジットカード審査に通りやすくなるコツを深堀りしていきます。

クレジットカード審査で正社員と比べて不利な派遣社員・契約社員でもスムーズにクレジットカード審査を通過するために知っておいてほしいポイントは以下の3つです。

  • 審査難度が低めのクレジットカードを選ぶ
  • 安定性が評価されやすい働き方を心がける
  • 信用情報にキズを付けない

もう少し詳しく解説していきましょう。

審査難度が低いクレジットカードが作りやすい

審査に対して不安要素がある方に一番気を付けてほしいのは、クレジットカード選びです。

なるべく審査難度が低いクレジットカードを選んだ方が、スムーズに作れることは間違いありません。

例えば、ゴールドカード以上の上級カードは、総じて審査難度が高くなります。雇用形態において最強とされる正社員であっても、その他の条件によっては審査に通らないことがあるほどです。

明らかに高難度なクレジットカードは避けて、なるべく作りやすいカードを選ぶというのは、審査を通過することを重視するのであれば必須のポイントと言えるでしょう。

安定した生活状況を意識して作る

安定性という観点からみて不利になりがちな派遣社員・契約社員の方こそ、安定性が評価されやすい状況を意識して作ることも大切です。

例えば1つの派遣会社に長く所属してコンスタントに派遣先を紹介してもらう、1つの派遣先での勤務期間がある程度長くまとまっているなど、派遣社員であっても不安定な要素が少なければ、その分だけ審査では有利に働くでしょう。

契約社員の方に関しては、非正規とはいっても勤務先との直接雇用になりますから、正社員と同じく勤続年数が重要になります。

派遣社員や契約社員の身軽さはメリットでもありますが、クレジットカード審査のことを考えればなるべく腰を据えて働くことが望ましいでしょう。

信用情報のキズは命取り!支払い遅延は絶対ダメ

クレジットカード審査に大きな影響を与える信用情報にキズをつけないようにすることも、スムーズな審査通過のためには非常に重要になります。

信用情報には過去の支払い実績がデータとして残ります。ここに問題があると、クレジットカードの審査に通るのはかなり難しくなるでしょう。

普段から、手持ちのクレジットカードの支払いや携帯電話の割賦払い、カードローンなどの返済には細心の注意を払い、決して遅延がないように心がけましょう。

うっかりの支払い忘れでも、信用情報には返済遅延として記録が残ってしまいます。支払い関連はしっかり管理するようにしてください。

審査の間口が広い!派遣社員におすすめのクレジットカード4選

年会費が無料のカードや消費者金融系のカード、あるいはイオンなど普段ショッピングをするようなお店が発行している流通系カードなどは、審査難度が低い部類に入ります。

そんな中でも審査の間口が広く、派遣社員・契約社員の方におすすめのクレジットカードとして以下の4枚をご紹介しましょう。

  • VIASOカード
  • ライフカード
  • ACマスターカード
  • イオンカードセレクト

年会費無料でハイスペック!VIASOカード

まず最初にご紹介するのは、三菱UFJニコスのVIASOカードです。このカードは年会費が無料で比較的間口の広いカードとなっており、作りやすさという点ではかなり上位に入るでしょう。

最短翌営業日に発行可能とスピード感も魅力です。また、このカードはETC料金や携帯電話料金、インターネットプロバイダー料金が常にポイント2倍ですから、これらの利用比率が高い方にもおすすめです。

ポイントは、自動キャッシュバック制をとっており、ポイント交換の手間がありません。

海外旅行傷害保険も備えている、年会費無料ながらスペックが高い為、しっかりと活用できる1枚です。

VIASOカード

誕生月はポイント3倍!ポイント特典充実のライフカード

ライフカードを発行している会社は、大手消費者金融アイフルの子会社となっています。つまり、ライフカードは実は消費者金融系カードなのです。年会費無料かつ消費者金融系ということで、審査難度はかなり低めと言えるでしょう。

そんなライフカードの魅力は、ポイント特典の充実度の高さです。

ポイント還元率は0.5%と標準ですが、入会後1年間は無条件でポイント1.5倍、誕生月は毎年ポイント3倍となります。

また年間50万円以上の利用で300ポイントのボーナスポイントと次年度ポイント1.5倍特典が付いてきます。さらに年間100万円以上利用なら次年度1.8倍、年間200万円以上利用なら次年度2倍と、ポイント倍率は年間利用額に応じてアップしていくのです。

しかもポイント有効期限が5年間と長めですので、しっかりとポイントを活用することができますね。

ライフカード

お急ぎの方におすすめ!ACマスターカード

ACマスターカードも、アコムが発行している消費者金融系のクレジットカードです。

このカードは、クレジットカードにカードローン機能を付帯した、消費者金融系ならではの1枚となっています。利用枠をクレジットとカードローンどちらにも自由に振り分けられる、自由度の高いカードです。

毎月の利用額から0.25%を自動でキャッシュバックしてくれますので、ポイント交換の手続きは不要です。

即日発行に対応しているカードで、自動契約機にカードを受け取りに行けば、最短で申し込みした当日にカードを手に入れられる為、今すぐにクレジットカードを手に入れたい方におすすめです。

ACマスターカード

イオングループを利用する方におすすめ!イオンカードセレクト

イオングループの店舗をよく利用する方におすすめなのが、イオンカードセレクトです。こちらのカードは、クレジットカード機能、電子マネーWAON、イオン銀行キャッシュカード機能がついている多機能カードです。

流通系のクレジットカードですから審査の間口も広く、年会費も無料です。

イオングループでの利用は常にポイント2倍、イオングループで使い勝手がよい電子マネーWAONへのチャージで唯一ポイントが貯まるカードですので、WAONを利用する方にも一押しです。

また、20.30日はイオングループ店舗で5%OFF、イオン銀行普通預金の金利優遇、カラオケビッグエコーが30%OFFで利用できるなど優待も豊富なクレジットカードですから、イオングループをよく利用する方には一押しの1枚と言えるでしょう。

イオンカードセレクト

コツがわかれば派遣社員・契約社員でもクレジットカードはすぐ作れる

派遣社員や契約社員の方でも、審査の仕組みやカード選びの注意点などを正しく知れば、スムーズにクレジットカードを作ることができます。

働き方も多様化している昨今、非正規雇用だからと言って極端にクレジットカード審査で不利になるということは決してないのです。

ぜひ自分に合った1枚を見つけて、毎日の生活をより豊かなものにしてくださいね。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア

こちらの記事もおすすめ

PAGETOP
pagetop