おすすめの法人クレジットカード!個人事業主・経営者必見

個人事業主や企業の経営者の方にとって、経費管理の仕組みをどのように構築するかというのは、悩みどころの1つですよね。

個人事業主の方であれば、個人のお金と経費の使い分けをどう明確化するかというのが大きな課題となります。

また、経営者の方にとっては、従業員も含めた経費管理において、いかにスムーズかつ安全なシステムを構築するかというのは経営の根幹にかかわる重要な業務でしょう。

そんな経費管理の悩みを抱える方に、ぜひ検討していただきたいのが、法人向けのクレジットカードです。

今回は、法人クレジットカードのメリットや選び方、さらにはおすすめのクレジットカードまで、詳しく解説していきたいと思います。

企業も個人事業主もOK!法人クレジットカードとは!?

まずは法人クレジットカードの定義を確認しておきましょう。法人クレジットカードとは、企業や個人事業主向けにビジネス用途として発行されるクレジットカードの総称です。

企業法人だけでなく、フリーランスや個人としてお店を持っている、いわゆる個人事業主の方も申し込みできるカードが数多くあります。

法人クレジットカードの中でも企業や経営の規模によって、例えば大企業向けのものはコーポレートカード、中小規模の企業や個人事業主向けのものはビジネスカードなどというように、対象となるものが分かれているのです。

そして法人クレジットカードの共通の特徴であり、個人向けクレジットカードとの最大の違いとなるのが、引き落とし口座として法人口座を設定できることです。

もちろん、個人事業主の方向けのクレジットカードには、個人口座を設定可能なものもあります。

個人向けカードとは違う!法人クレジットカードの5つのメリット

法人クレジットカードというのは、ただ単に法人口座でも利用できるというだけの代物ではありません。他にも、ビジネス用途のクレジットカードならではの、個人向けカードにはない特徴やメリットが多数あります。

加えて、クレジットカードだからこそ生じる、経費管理をするうえでの利点というのも見逃せないポイントです。そんな法人クレジットカードの5つのメリットをまとめて確認してみましょう。

  • 利用限度額が高い
  • 経費精算をシンプル&スムーズにできる
  • リスク管理がしやすい
  • キャッシュフローにゆとりができる
  • 付帯サービスやポイントシステムが利用できる

それぞれの項目について詳しく解説していきたいと思います。

高額な経費の支払いも安心!法人カードは利用限度額が高い

一般的に、法人クレジットカードでは個人向けのクレジットカードと比べて、利用限度額が高めに設定されます。

ビジネス用途で利用するのであれば、経費としてプライベートのクレジットカード利用と比べて大きな利用枠が必要になる可能性が高いことは明白ですよね。

そのため、ビジネスシーンで過不足なく活用できるよう、限度額が高くなる傾向があるのは必然と言えるでしょう。

事業の拡大に伴って経費が高額になる可能性があることも考えると、この限度額面でのメリットは無視できないポイントとなるのではないでしょうか?

追加カードで従業員の支払いもおまとめ!経費をシンプル&スムーズに

経費精算の流れをシンプルに、そしてスムーズにできるのも法人クレジットカードならではの強みの1つです。

法人カードでは、追加カードを発行して社員に持たせることができます。追加カードの利用分は、家族カードと同じように本カードと同じ口座から引き落としされます。

この追加カードを交通費や出張費、飲食・接待費用などの業務関連の支払いに活用すれば、経費の支払いを完全に一本化することができますので、経費精算に関する業務を大幅に削減可能なのです。

例えば、従業員各自による立て替えやその精算手続き、経理部門での処理など、すべて不要になります。

加えて、追加カードの利用分は本カードと同じ明細にまとめて載りますので、経費の確認も非常に効率的です。

クラウドによる経費管理システムを導入していれば、もはやデータ化の手間も必要なくなります。

従業員も含めた社内全体の経費管理を一本化し、シンプルかつスムーズに構築することができますので、無駄な手間と費用を削減することができるのは大きなメリットと言えます。

個人事業主の場合であっても、経費を1つのクレジットカードの明細でまとめて管理できるうえに、生活費と明確に分けられますので、確定申告や各種手続きも非常にスムーズになるでしょう。

経費の不適切利用を防止!法人クレジットカードはリスク管理にも役立つ

法人クレジットカードには、経費面でのリスク管理という点でもメリットがあります。

経営者から従業員まで全員が個人の支払いと経費を明確に分けることができ、なおかつその利用状況を明細などで一目で確認できますので、非常に透明性の高い経費管理が可能になるのです。

仮払いや、いったん立て替えをした費用を後から申告する場合、領収書の紛失や、手続きの遅れなどで請求漏れが生じてしまうケースもあるかもしれません。

経費の不適切な利用や、逆に従業員が経費を自己負担してしまうことも、法人クレジットカードを導入していれば防ぐことができるのです。

経費を適切に管理するという点で、法人クレジットカードは非常に役立つツールとなるでしょう。

後払いだからキャッシュフローにゆとりができる!

法人クレジットカードを活用すると、キャッシュフローにもゆとりが生まれます。

クレジットカードは後払いで毎月決まった日に引き落としされますから、利用から実際の支払いまではタイムラグが生じます。

このタイムラグが支払いの猶予となり、余裕を持った資金繰りが可能になる為、法人クレジットカードの導入でキャッシュフローが安定する傾向があるのです。

また、クレジット決済で仕入れや設備投資ができる為、手元資金に左右されてタイミングを逃すということも起こりにくくなります。

加えて分割払いやリボ払いなど複数の支払い方法が用意されているので、状況に応じて柔軟に対応することが可能です。カードによっては、キャッシングで当面の資金を補うこともできます。

こうした分割払いやリボ払い、キャッシング機能などのサービスは、以前は法人クレジットカードでは対応していないものがほとんどでしたが、最近では大多数のカード会社でこれらの機能を備えた法人クレジットカードを用意しています。

使えるサービスはどんどん活用して、資金繰りの改善に役立てましょう。

クレジットカードはポイントも付帯サービスも使える!

ポイント還元や付帯サービスなどの優待特典が利用できるのも、クレジットカードならではの魅力です。

ほとんどのカード会社が、法人クレジットカードでも、個人向けのクレジットカードと同じようにポイントシステムや優待サービスを用意しています。

金額が大きくなりやすい固定費用も含め、経費の支払いでポイントが貯まるのは見逃せない利点の1つですよね。

付帯サービスも、法人クレジットカードではビジネスに役立つ特典を用意しているものが多く、一見の価値があります。

空港ラウンジサービスや旅行傷害保険などの手厚い補償は、海外出張が多い職種の方なら、かなり活用できるでしょう。

さらにハイクラスのカードになると、世界各国の空港ラウンジを無料、あるいはお得に利用できるプライオリティ・パスや専用のコンシェルジュサービスが付加されるものもあります。

また、税理士相談サービスやビジネス関連サービスの優待など、法人クレジットカードならではの特典を備えているものは、幅広い事業者の方に役立てていただけるでしょう。

宿泊施設やレジャー施設などの割引優待を備えたカードなら、従業員向けの福利厚生サービスとして利用することも可能です。

自社内でしっかりした福利厚生サービスを提供することがコスト面で難しい場合でも、法人クレジットカードの付帯サービスなら、あくまで副次的な機能としてローコストで利用することができるのでおすすめです。

活用できるカードを選ぼう!法人クレジットカード選びの5つのポイント

法人クレジットカードのメリットが分かったところで、選び方についても解説していきましょう。法人クレジットカードは、様々なカード会社から発行されており、サービス内容やカードのグレードも千差万別です。

業種や用途にあったカードを選ばなければ、うまく活用できずにコストばかりかかってしまったり、けっきょく解約してしまうということにもなりかねません。

法人クレジットカードを活用するためには、まずどのカードを選ぶかということが非常に重要になるのです。法人クレジットカードを選ぶポイントは、大きく分けて5つあります。

  • 付帯サービスがニーズにマッチしているか?
  • 費用対効果が見合ったものか?
  • コストとステータス、どちらを重視するか?
  • 追加カードは必要枚数発行できるか?
  • 自社あるいは自分自身の属性が審査基準に達しているか?

使わない特典は無駄!ニーズにマッチした付帯サービスを選ぶべし

法人クレジットカードを選ぶ上で何よりも重要なのは、やはり付帯サービスがニーズにマッチしているのか、ということです。

法人クレジットカードの特性として、ビジネスを主眼とした特典・サービスを備えているものが数多くあります。

そんな中で、よりサービスの充実したものを選びたいと思う方は多いかと思いますが、そのサービスが自身の業種・業態にあわないものであれば、活用することはできません。

例えば海外・国内を問わず出張の機会がほとんどない業種の方が、空港ラウンジサービスやプライオリティ・パスが付帯している法人クレジットカードを選んだとしても、その特典を活かすチャンスはなかなかありませんよね。

一般的な傾向として、特典の充実したクレジットカードほど年会費は高くなりますから、使わない特典のために高額なコストを支払い続けることになってしまいます。 こうした無駄を避けるためには、自身の業種・業態にあったサービス内容かどうか、というのが、やはり最重要項目となるでしょう。

費用対効果の高いものを選びたい!

年会費とサービス内容が見合ったものかどうか、いわゆる費用対効果というのも法人クレジットカード選びでは重視すべきポイントとなります。

法人クレジットカードは充実したサービス・機能を備えているため、年会費は有料に設定されているものがほとんどです。

法人クレジットカードとなると、当然、その費用は経費から出すことになる為、やはりなるべくコストを抑えたい、無駄な費用は支払いたくないものですよね。

かといって、あまりにもコストにこだわりすぎてサービス・機能の限定されたカードを選んでしまうと、結局たいしてメリットが感じられないということにもなりかねません。

ある程度のコストがかかることは織り込みつつも、無駄なサービス・機能はなるべく省けるよう、より費用対効果の高いものを選ぶことを心がけるべきでしょう。

中には基本年会費は有料でも初年度のみ無料となる法人クレジットカードもあります。なかなか候補を絞り切れないという方は、そうした初年度無料カードをチェックしてみるのも1つの方法です。

ステータスを重視するかコスパを重視するか決める

コストパフォーマンスを重視するのか、ステータスを重視するのかというのも、法人クレジットカードに限らずクレジットカード選びでは悩みどころの1つです。

最近ではローコストでサービス・機能が充実したお得な法人クレジットカードも多数発行されており、同程度のサービス内容のカードでもカード会社やカードのグレードによってかなりコスト面で差がついてしまうケースも見られます。

となると、コスト面を考えてよりお得なカードを選びたいという方も多いですよね。

一方で、経営者としてクレジットカードのステータスにこだわりたいという方も、当然いらっしゃるでしょう。起業家の方ならステータスも重要な要素の1つです。

起業家の方にとってステータスの証明となるカードは、周囲からの信頼を得やすい点においてもおすすめです。

1つの要素として、あらかじめ自分がどちらを重視するのかということを考えておくと、カードを選びやすくなるでしょう。

追加カード&ETCカードの発行可能枚数は要確認

従業員に法人クレジットカードの追加カードを持たせたいという経営者の方に、必ずチェックしていただきたいのが追加カードの発行可能枚数です。

法人クレジットカードの追加カードには発行可能な枚数の上限が設定されているものが多く、確認せずにカードを作ってしまうと、持たせたい従業員の数に対して追加カードが足りないという問題が生じる可能性があります。

追加カードの発行枚数は、あらかじめ必ず確認するようにしてください。営業などで社有車を利用する業種では、あわせてETCカードの発行可能枚数も念のため確認しておくとより安心です。

また、追加カードを発行するとその分も年会費がかかる場合があります。発行枚数が増えるほど年会費もかさんでいく為、そちらのコストも加味して法人クレジットカードを選ぶことをおすすめします。

起業したての方は要チェック!法人クレジットカードの審査基準

法人クレジットカードの申し込みの際にも、当然、事前の審査があります。どんなにサービスが充実した理想的なクレジットカードを選んでも、審査に通らなければ持つことはできません。

特に法人クレジットカードは、利用枠が大きいということもあって、個人向けクレジットカードと比べて審査が厳しくなる傾向があり、注意が必要です。

なお、法人クレジットカードの審査方式には、実は2種類あります。法人与信と個人与信です。

法人与信というのは、会社法人として審査を受けるもので、原則として支払いには法人口座を設定します。

一方、個人与信の法人クレジットカードでは法人全体ではなく、そこに属する個人として審査を行い、支払い口座はその個人の口座となります。

どちらが甘い、どちらが厳しいという明確な差異はありませんが、個人与信の方が個人のデータをベースに審査を行うことになるため、特に起業して間もない方の場合は、法人与信よりも審査に通る確率が高い傾向があるようです。

経歴の浅い法人として法人与信の審査を受けるのに比べて、個人与信なら前職の職歴やクレジット履歴などを審査対象として織り込んでもらえる可能性があるからです。

カード会社によっては法人与信と個人与信、どちらの審査方式かを明らかにしているところもあります。審査が不安な方は、そういった情報も参考にしてみるとよいかもしれません。

コスパ重視の方におすすめの法人クレジットカード3選

それではここからは、実際に個人事業主の方、経営者の方におすすめしたい法人クレジットカードをご紹介していきましょう。

目的別に分けてご紹介していきますので、ニーズに合った法人クレジットカードがきっと見つかるはずです。

コスパ抜群のオリコEX Gold for Biz

コスパ重視の経営者の方に一押しのカードが、オリコが取り扱っているビジネス向けクレジットカード、オリコEX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ)です。

こちらは年会費初年度無料、翌年以降も2,200円(税込)という手ごろな年会費で幅広い方が作りやすい1枚となっています。

個人事業主向けのSタイプと法人代表者向けのMタイプがありますが、どちらも年会費は変わりません。ただし、設定できる支払い口座が異なります。

また、追加カードが発行できるのはMタイプのみとなっており、年会費無料で3枚まで作れます。

年会費以上の価値ある特典が多く利用頂けるカードで、空港ラウンジサービスや手厚い補償、ビジネス関連の優待、福利厚生サービスなど、法人クレジットカードとして必要な機能・サービスが大変充実しています。

法人クレジットカードの中でも還元率が高い点も魅力で、非常にコストパフォーマンスがよい1枚としておすすめです。

オリコEX Gold for Biz
年会費 2,200円(税込) ※初年度無料
追加カード 年会費無料(最大3枚まで) ※Mタイプのみ
スペック ・空港ラウンジサービス付帯
・クラウド会計ソフト『Freee』会員料金などビジネス優待が充実
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・年間最高100万円のショッピングガード保険付帯
・接待に役立つグルメ優待付帯
・福利厚生サービス『ベネフィットステーション』利用可能

最大3%キャッシュバック!JCBビジネスプラス法人カード

交通費や出張旅費の比率が高い事業主の方におすすめのカードが、JCBビジネスプラス法人カードです。

このカードは月間利用額に応じて「交通費・出張旅費」のキャッシュバックが受けられます。

JCBビジネスプラス法人カードは、JCBから発行されているキャッシュバック特化型のビジネスカードです。月間5万円以上の利用からキャッシュバックの対象となり、月間の利用額に応じて0.5%から最大3%までのキャッシュバックがあります。

月間の利用額に応じてキャッシュバックの比率が決まり、キャッシュバックの対象となるのが「交通費・出張旅費」です。

このカードはETCカードが無料で複数枚発行できますし、交通費(高速道路代金等)がキャッシュバック対象となりますから社用車の台数が多い事業主様におすすめです。

なお、JCBビジネスプラス法人カードには一般カードとゴールドカードの2種類があります。

一般カードとゴールドカードの違いは主に補償面にあります。一般カードはショッピング保険のみなのに対して、ゴールドカードには国内・海外旅行保険、航空便遅延保険もつき、補償額も大幅にアップします。

基本的には一般カードで十分にメリットが実感でき、コストパフォーマンスの面でもおすすめですが、出張が多い業種の方などは、いざという時にはゴールドカードが役に立つかもしれません。

JCBビジネスプラス法人カード
年会費 一般カード:1,375円(税込)
※初年度無料
ゴールドカード:11,000円(税込)
※初年度無料
追加カード 一般カード:年会費1,375円(税込)
ゴールドカード:年会費3,300円(税込)
スペック ・月間利用額に応じて最大3%キャッシュバック
・最高1億円の海外旅行傷害保険付帯(ゴールド)
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険付帯(ゴールド)
・国内・海外航空機遅延保険付帯(ゴールド)
・年間最高500万円のショッピングガード保険付帯(ゴールド)
・年間最高100万円のショッピングガード保険付帯(一般)

最短3営業日でカード発行!三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Ownersは、三井住友カードが発行する個人事業主向けの法人クレジットカードです。

このカードはカード発行のスピードが早く最短3営業日で発行してくれますから、カード発行をお急ぎの事業主の方におすすめの1枚です。決算書・登記簿謄本不要で申し込めます。

年会費は初年度無料、翌年以降1,375円(税込)と、お手頃ながら、国際航空券、ホテルの手配ができる『エアライン&ホテルデスク』や24時間いつでも主要タクシー会社のタクシーをサイン1つで利用できる『VJタクシーチケット』など、ビジネスの助けになる特典が複数備わっています。

一見、個人向けクレジットカードとそこまで違いがないように見えますが、実はしっかりとビジネスユーズに対応できる法人クレジットカードなのです。

個人事業主のうちは、個人向けのクレジットカードでも十分かもしれないと迷っている方にも、ぜひチェックしてみてほしい1枚です。

三井住友ビジネスカード for Owners
年会費 1,375円(税込)
※初年度無料
追加カード 年会費440円(税込)
スペック ・『エアライン&ホテルデスク』にて国際航空券、ホテルの手配可能
・サイン1つでタクシー利用ができる『VJタクシーチケット』
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・大手コンビニ3社、マクドナルドで2%ポイントプラス

ステータスで選ぶならアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

ビジネスシーンの中で、どこに出しても恥ずかしくないクレジットカードが望ましいという、ステータス重視の方におすすめしたいクレジットカードと言えば、やはりアメリカン・エキスプレスでしょう。

アメックスといえば、国内はもちろん世界的にみても、高いステータス性を誇る国際カードブランドです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードは、アメックス社のプロパービジネスカードです。このカードの魅力は、年会費に見合うステータス、そしてサービス内容です。

まず他にはない特徴として、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードでは一律の利用限度額制限を設けていません。高額利用時には事前の承認が必要ですが、基本的な使い方は自身の裁量にほぼ任されています。

また、優待特典の充実度の高さもずば抜けています。クラウド会計ソフトとの自動データ連携やシェアオフィス、フレキシブルオフィスなどの利用優待といったビジネスカードならではの特典から、空港ラウンジや旅行保険などのトラベル関連、さらにはゴルフやワインと言ったビジネスにも役立つエンタメ特典まで、多彩かつラグジュアリーなサービスがたっぷりと付帯されているのです。

名実ともにトップクラスの法人クレジットカードを持ちたいという方は、ぜひこのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードを検討してみてはいかがでしょうか?

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードスカード
年会費 34,100円(税込)
追加カード 13,200円(税込)
スペック ・一律の利用限度額なし
※高額利用時には要事前承認
・クラウド会計ソフト『Freee』へのデータ連携
・提携シェアオフィスなどが利用できる『オフィス・パス』優待
・全世界38ヶ国150都市843拠点に、フレキシブルオフィスを展開
・その他、ビジネスをサポートする優待特典が多数付帯
・福利厚生プログラム『クラブオフ』を利用可能
・空港ラウンジサービス、エアポート送迎サービスなどトラベル特典多数付帯
・ビジネスカード会員限定イベントに参加可能
・キャンセルプロテクション、オンラインプロテクション付帯
・最高1億円の海外旅行傷害保険付帯
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・国内航空機遅延費用を補償
・年間最高500万円のショッピング・プロテクション付帯

審査に自信がない経営者の方にもおすすめできる法人クレジットカード

起業して間もなかったり、過去のクレジット履歴に問題があるなど、不安要素がある場合、少しでも審査に通りやすそうなクレジットカードを選びたいと思うものですよね。

法人クレジットカードは個人向けクレジットカードと比べれば審査が厳しい傾向があるとはいえ、その審査基準はやはりカード会社によって少なからず異なります。

そんな中でも、審査が不安な経営者、事業主の方にぜひチェックしておいていただきたいのが、以下のクレジットカードです。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード
  • ライフカードビジネスライト
いずれも、他のカード会社とは違う独自の審査基準を設けており、一般的なクレジットカード審査の基準では不安という方にもおすすめできる法人クレジットカードとなっているのです。

起業1年目でもOK!アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

起業したばかりでクレジットカードの審査が不安という経営者の方には、アメックス社のアメリカン・エキスプレス・ビジネスカードがおすすめです。

アメックス社のような外資系のカード会社は、国内のカード会社とは少し異なる審査基準を設けていて、起業した直後でも柔軟に対応してくれます。

中でも一般カードに近いアメリカン・エキスプレス・ビジネスカードであれば、より審査通過の確率は高まると言ってよいでしょう。

と言っても、あくまでもアメックスのプロパービジネスカードですから、そのサービスは決してレベルの低いものではありません。もちろん、ステータス面でも申し分ないでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
年会費 13,200円(税込)
追加カード 6,600円(税込)
スペック ・クラウド会計ソフト『Freee』へのデータ連携などビジネス特典複数付帯
・福利厚生プログラム『クラブオフ』を利用可能
・空港ラウンジサービス、手荷物無料宅配などのトラベル特典も充実
・最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険付帯
・オンラインプロテクション付帯
・基本ポイント還元率1%

本人確認書類のみで申し込みOK!ライフカードビジネスライト

コストを一切かけずに手軽にビジネス用のクレジットカードを作りたい経営者の方におすすめの1枚は、ライフカードビジネスライトです。

スタンダードはなんと年会費無料で持つことができます。最短4営業日で発行が可能とカード発行のスピードも早く手軽に作れる1枚です。

選ぶブランドによって利用できる特典が異なり、Mastercardブランドなら「Mastercardビジネス・アシスト」、VISAブランドなら「Visaビジネスオファー」の優待が利用頂けます。

いずれもビジネスに役立つ優待ばかりです。

また、ゴールドの方も年会費2,200円(税込)とローコストながら、空港ラウンジサービスやポイントサービス、付帯保険が付加されます。こちらは、法人クレジットカードとして基本的な特典・サービスを一通り備えたものが欲しいという方におすすめです。

ライフカードビジネスライト
年会費 スタンダード:無料
ゴールド:2,200円(税込)
※初年度無料
追加カード スタンダード:無料
ゴールド:2,200円(税込)
※初年度無料
※どちらも最大3枚まで
スペック ※すべてゴールドカードのみ
・空港ラウンジサービス付帯
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・最高200万円のシートベルト保険付帯
・基本ポイント還元率0.5%

ビジネスを多面的にサポート!法人クレジットカードのススメ

経費管理から福利厚生の充実、さらにはお得で便利な優待特典やポイントサービスまで、法人クレジットカードは多面的にあなたのビジネスをサポートしてくれる頼もしいパートナーとなり得ます。

特に自分自身のビジネススタイルにぴったりと合ったものを選ぶことができれば、その心強さはひとしおです。

今後のビジネスをさらに発展させるためのツールとして、ぜひ法人クレジットカードを導入してみてはいかがでしょうか?

クレジットカードとお得な暮らしをシェア

法人クレジットカード 新着記事

PAGETOP
pagetop